ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Arroyo's Edge: Greene & Greene 2012 
2012.04.23.Mon / 11:12 
Woodworking (木工家具つくり)が好きな夫が行ってみたいイベントがあるというので、Pasadina (パサディナ) へ。

Arroyo's Edge: Greene and Greene スペシャル ツアー 2012





車で約3時間くらいなので、最初は、夫はひとりで行ってこようと思っていたのですが、せっかくなら子供たちにも見せたいからと、無理矢理一緒に連れて行ってもらいました。

パサディナ到着後、まずはランチ。


Central Park

週末だったので、ブランチのお客さんでいっぱい。



Arroyo's Edge の駐車場の隣にあったローズ ガーデン



建築家の Charles Greene (チャールズ・グリーン)と Henry Greene (ヘンリー・グリーン) がデザインした家々を見て歩くツアーなのですが、家の中を一般公開するは、この日だけ。

さっそくツアースタート。
ガイドなしですが、道の所々や家の中にも案内をしてくれる人がいました。



ユニークな塀は、グリーン兄弟のデザインの特徴のようです。



ここにもバラ。


そういえば、パサディナは、ローズ・バレードで有名でしたね。



家だけではなく、家のまわりや屋内まで、すべて彼らのデザインなので、夫は、こういう門にも興味深々。


この家には ”和” を感じました。




窓が可愛い!


とにかく、何でもユニーク。


James Culbertson garden

民家の玄関とは思えないサイズ。


この家は、元々あった2階を取り払って1階にしてしまったそうです。


Duncan-Irwin house

ここが一番混んでいて、40分くらい並びました。かなり大きい家です。





玄関の前の門には、巨大なツルが。



どの家も全体に木の温もりが感じられ、夫はもちろん、木のことはよくわからない私でも、ため息がでるほど美しかったです。

常時見学可能な Gamble(ギャンブル)夫妻の家。(P&Gカンパニーのギャンブル ファミリー)



ここは閉館時間になってしまったので、次回のお楽しみ。

今回、公開された家は完全にプライベートな家をオーナーのご好意で見せてもらったので、家の中の撮影が禁止されていたので、残念ながら、写真がありません。

どんな感じか覗いてみたい方は、こちらのホームページに”ギャンブル家”の屋内の写真がのっています。→ Interior Photographs of The Gamble House

サイトの説明によると、ご夫妻は、グリーン兄弟が手がけたこの地域の家々をみて気に入り、彼らに仕事を依頼したそうです。
家の内装も家具も全て彼らのデザイン。ご夫婦が亡くなった後、奥さんの妹さんや息子夫妻が家を引き継ぎました。売却を考えていたこともありましたが、購入希望者が内装を白く塗ってしまおうというのを聞き、売るのをやめ、パサディナ市と南カリフォルニア大学 (University of Southern California School of Architecture) に管理を委ねることにしたそうです。

詳しくは、History of THE GAMBLE HOUSE

たくさん歩いた後は、the Cheesecake Factory で夕食!





あ〜楽しかったねー



お腹が空いていたので、ボリュームのある食事を息子は全部ペロリと食べてしまいました。




おまけ・・・


駐車場にあった料金支払い箱。
それぞれの番号の上にある縦長のが小銭用、丸いのがお札用の穴です。

お札で支払う方法が書いてありました。


1ドル札をクルクル丸めて、車の鍵で完全に押し込む(笑)

こういうの見たことなかったので、思わず記念に写真を撮ってしまいました。

The Gamble House
4 Westmoreland Place, Pasadena CA 91103
(626) 793-3334
http://www.gamblehouse.org

COMMENT TO THIS ENTRY
----

間取りやこだわりのデザインを見たりするのって、私大好きなのよ♪
だから屋内の写真、しっかりチェックしちゃった(*^^)v

- from b.b -

----

b.b.さん

私も家の中を見学するの大好き!
こちらでは家探しの時に、まだ元の持ち主が生活してる家の中を見学できるのね。すごい楽しかった。
印象を良くするためにプロに頼んで家具やカーテンや装飾品をアレンジしてキレイにしてもらって、少しでも高く売れるようにする人もいるんだよ。
ナンじゃこの家?個性的だな〜っていうのもあったけどね(笑)

- from zoe -

----

家を公開してくれるのっていいね
料金支払機、面白い!!
アナログな感じだよね

- from sumire -

----

sumireさん

こういう素敵な家や古いお城の中を見学するのが大好きな私には、とても楽しかったよ。
こっちの人たちは、家をとてもキレイ(人を雇ってでも)にしている人が多くて、遊びに行くと一部屋ずつ見せてくれることもあるの。自分の家に帰って、現実に戻されるけど(笑)
料金支払機、面白いよね。子供たちでも作れそうな仕掛け。

- from zoe -

   非公開コメント  
スポンサーサイトArroyo's Edge: Greene & Greene 2012のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

zoe

Author:zoe

夫、ふたりの子供たちと南カリフォルニアに暮らすMommyが、わが家について色々とおしゃべりしています。

カリフォルニアの時刻

amazon.co.jp

SweetHeart

isweetheart.gif

グローバルな育児、教育情報が満載。日本の常識に縛られない自由な発想の子育てを目指す国際派子育てネットワーク。
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
CopyRight 2006 Banana Pancakes All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。