ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2012年01月の記事一覧
≪12month
This 2012.01 Month All
02month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お手伝い兄さん 
2012.01.30.Mon / 21:14 
今日は、夕食後、息子が後片づけ。

冬なので、手が荒れるからと私の手袋を借りて・・・


いつも写真を撮られることを嫌がる息子ですが、記念になるからと説得してパチリ。

しっかり洗ってくださいね。

お手伝い、ありがとう!

これから色々なお手伝いをしながら、しっかりと身の回りのことや家のことができるようになってください。




スポンサーサイト
夫の誕生日。 
2012.01.29.Sun / 09:46 
子供たちや私の誕生日には、必ず家にいてくれる夫。
でも、自分の誕生日は、どうしても出張で家にいないこともあるので、今年はみんなでお祝いできて嬉しかった!

毎年、贈るバースデーカードは、できるだけ夫を笑わせたくて、ちょっとふざけた感じになります。


飛んでるネコは、まさに夫に向かって飛んでくる娘のイメージ。

封を開けたとたん、爆笑。 Yay! ウケた・・・

Happy Birthday!

学校ごっこ 
2012.01.28.Sat / 21:13 
週末、娘がリビングルームで生徒たちを前に何かを教えていました。



私も参加しろと・・・一番後ろの席に座らされました。



先生の話を聞かない態度の悪い生徒になってみたら、しっかりと叱られました。

カリフォルニア州は、学校に通わず、家庭で学習するホームスクーリングが盛んです。
親がカリキュラムにそって自分の子供たちに教える家庭もあれば、教会やグループで教師を頼んで教えてもらったり、一部の教科だけ学校で授業を受けたりと色々のようです。
なかには、学校とホームスクーリングのシステムを行ったり来たりする子もいれば、きょうだいのうち一人だけ家庭で学んだり、その逆だったり。
親たちの方針や子供たちの性格に合った教育を受けさせる選択肢があることに最初は驚きました。

我が家もある意味、日本語はホームスクーリング。
実際に期間限定でホームスクーリングしていた友達に聞くと、親と子は学校の先生と生徒の関係とは違った良さや難しさがあって、最初は親子で試行錯誤していたとか。我が家も同じ。
でも、必ず週に一度は、一緒に日本語の本を読みながら、考えや意見を交換する時間(日本語が英語になってしまうこともあるけれど)になっているので、子供たちが高校生になっても続けていけたらいいなと思っています。


5年生のスピーチ その1 
2012.01.27.Fri / 21:24 
5年生の息子、今年も1年間スピーチの課題があります。

最初は、自己紹介をかねた簡単なスピーチ、“All about Me" でした。
本格的なスピーチの前の練習なので、採点はなかったそうです。

少し前になりますが、11月のスピーチのテーマは、”デモンストレーション”
昨年は折り鶴のデモをやったので、今年はお習字にしました。

息子は、お習字を習ったことがないので、まずはスピーチの下書きと準備の前に、ネットでお習字のビデオを日本語と英語で見ながら勉強。
それから、娘の誕生日に私の両親がプレゼントしてくれた 水で書けるNEW お習字ボードを娘から借りて、実際に書く練習をしました。
その後、墨汁を使って本格的なお習字に挑戦!一緒に娘も初挑戦。
半紙と洗って落とせる墨液は日本から買ってきてあったもの。


呉竹 洗って落ちる書道液 練習用 180ml

スピーチの時のデモンストレーションでは、、実際に墨で書いたお手本を見せながら”お習字ボード”を使って、みんなの前で、息子が書きました。
希望者は、先生が授業で使うドキュカムというカメラを使うことができたので、息子が実際に書いている手元を教室の前のスクリーンに映して、みんなに良く見えるようにしました。


書き順の大切さもアピール。

説明をするお手本は、書道でよく使われる基本点画が8つ入っているということで、”永”を使いました。
お習字を見慣れていないクラスメイトたちは、みな感心していたそうです。

初めてお習字をした息子と娘は、実際に筆を使って字を書くことで、日本語(特に漢字)を書くときの”とめ”や”はらい”が理解できたようです。
筆先で字の太さやバランスをコントロールする難しさも学びました。

今回は、学校のスピーチが、日本語の勉強にも役に立ってしまいました


雨の日のバスケットボール観戦 
2012.01.21.Sat / 15:28 
息子のバスケットボールのゲーム中です。

ゲーム中のビデオや写真を撮っているのですが、野球よりも動きが速くてついて行けず、なかなか良いショットが撮れません。

そこで、

お猿な娘を撮ってみました。



幼稚園で体操教室に通っていた息子を待っている時の1〜2歳の頃の娘と同じ姿です。
sumire さん、懐かしいでしょう?

この日は、雨が降っていて普段よりも肌寒かったのですが、娘は、ご覧の通りTシャツ一枚で、自分もゲームに参加したかのように汗だくでした。


Disneyland with Aunty 
2012.01.16.Mon / 09:43 
約7年ぶりにディズニーランドに行ってきました。

前回 (2006.9) は、こんな感じ→ディズニーランド Part 2

夫のいとこの娘のジムナスティックの競技会がカリフォルニアであり、叔母も一緒に来ていて、競技会後にディズニーランドに行くというので、サンディエゴから私たちも一緒に行くことにしました。

叔母たちと待ち合わせ場所まで、園内の汽車に乗って移動。



まだ時間があったので、空いていそうなアトラクションを選んでいると、スターウォーズのジェダイ・アカデミーのステージを発見。




ダースベーダーは、大柄で映画と同じ迫力がありました。
クローン・トュルーパーたちは冗談を言って、子供たちを笑わせていました。

会場内で、参加したいと手を挙げてアピールしている子供たちをスタッフが次々と指名していきます。

さっそく娘も指名され、参加しました。


ローブとライトセーバーを借りて、さっそく訓練開始。


ジェダイマスターから技を学びます。

アカデミーで学んだ後、実際にダースベーダーやダースモールと対戦します。


娘はダースモールと対戦

でも本当は、ダースベーダーと戦いたかったそうです。


みんな、後ろ姿が可愛い〜


振り返った真剣な表情の娘に、思わず笑ってしまいました。

息子も本当は参加したかったようですが、なかなか指名してもらえず残念。
大きいから?と思ったけれど、息子と同じくらいの年齢の子も参加していたので、本人がちょっとためらっていてアピールが弱かったのでしょう。

その後、叔母と会って、さっそくドライブ





残念ながら、ジム仲間と一緒に移動していたいとこ親子には会うことができなかったのですが、子供たちは叔母と一緒に遊ぶことができて楽しかったようです。
夫も私も叔母との久しぶりの再開、とっても嬉しかったです。

帰る途中、Mizuki でラーメンを食べて帰りました。
Morro Bay キャンプ帰りに寄った時の様子

ディズにランドの唯一のお土産の R2D2。

ポップコーンの容器です。

週末で混んでいたので、今回もお土産屋さんはパスしました。


Biz Town 2012 
2012.01.13.Fri / 12:13 
5年生の社会の授業の一つとして、Biz Town(ビズタウン)で体験学習をする遠足(フィールドトリップ)ががありました。

実在する会社やお店のお仕事体験ができる日本の ”キッザニア” のような場所。
でも、ここは本格的な学習施設なので、日本のように予約さえすれば誰でも自由に参加できるというわけではないようです。

子供たちは、事前に数週間かけて学校の授業で経済の勉強をし、職業を選んだら、先生たちから面接を受けます。
実際の就職活動のようにきちんとした服装で先生の質問にきちんと答えられるようにしなければいけないので、その練習もありました。


職業は、市長、裁判官、銀行、医者、警察、放送局、ファーストフード、シーワールド、SDGE (サンディエゴ電気&ガス) ect... 様々な職種のオフィスやお店が並んでいます。

ここのスタッフは館内全体を見てまわり、ボランティアの親たちがそれぞれの職場を手伝うため、普段よりもたくさんのボランティアが参加しました。
お父さんたちも自分の仕事を休んでたくさん来ていましたよ。

事前にボランティアを担当する会社やお店を決められた親たちは、当日、早朝に現地に集合して、スタッフから1時間余りの講習を受けてからそれぞれの職場に入ります。
ちなみに、親が自分の子を干渉しないように、親子は別の場所に配置されるそうです。
講習後は、自分の担当する職場の下調べをしたり、あちこちを見て回ったりしながら、子供たちがスクールバスで到着するのを待ちます。


館内に入って、みんな興奮気味
赤いエプロンを着けているのが、ボランティアの親たちです。

それぞれの職場で仕事をしながらお給料をもらい、小切手を使って買い物をしたり、職場では利益の調整やお金の動きをコンピューターで確認するなど、本格的な経済活動が行われていました。

息子は US Bank(ユーエスバンク)、私は MIssion Federal Credit Union (ミッションフェデラル クレジットユニオン)と同じ金融機関の別会社でお仕事。
1階と2階だったので、一緒に担当していたボランティアのお母さんと交代で、息子の様子を見に行ったり、写真を撮ったりしました。


息子が働くUS Bank(ユーエスバンク)2階にあります。


息子が到着前に撮った彼のデスク。彼の役職はCFO (chief financial officer) 、最高財務責任者。


こちら窓口。


真剣にお仕事している息子。


私が担当したMIssion Federal Credit Union (ミッションフェデラル クレジットユニオン)1階にあります。


最初はシステムがよくわからず戸惑っていましたが、みんな、一生懸命に自分の持ち場で働いている姿が、見ていて微笑ましかったです。

子供たちが仕事の要領を把握するまで、そばでアドバイスをしたり、お客で来る子供たちの手伝いもしなければいけないので、かなり忙しかったです。


ベンチ作成に参加した子供たちが、それぞれの名前を記念に書いて学校に持って帰ってきました。

帰る時には、子供たちが

今までで一番楽しいフィールドトリップだった。またやりたい!

と口々に言っていました。

私も早朝からずっと忙しかったけれど、子供たちと一緒に楽しむことができました。
バスケットボール 
2012.01.08.Sun / 19:24 
息子が初めてバスケットボールチームに参加しました。

バスケットボールには全く興味を示さなかった息子ですが、今回は仲良しのお友達のお父さんがコーチをすることになり、一緒にやろうと誘われたのでチームに加わりました。

平日の放課後に地元の中学校のコートで練習し、ルールやポジションを覚え、ゲーム中に点数も入れ、パスも上手くできるようになり、彼なりにかなり上達しました。
身長が高く、手足が長いこともあって動きが多少ゆっくりでも何とかなるようです。



ゲームは、土・日曜連日のスケジュールの週もあるけれど、野球が2〜3時間なのに比べ、バスケットボールのゲームは1時間足らずであっという間。
えっ、もうおしまい?といった感じです。
しかも屋内なので、真冬でも見学者にとっても快適な環境。
これだったら、この機会に続けてくれるといいな〜と思う母でした。



明けましておめでとう!2012 
2012.01.01.Sun / 16:33 
2012年、今年もよろしくお願いします!


顔がお見せできなくて、ゴメンナサイ。

今年は、お正月に少しでもおせち料理を子供たちに食べさせたくて、お雑煮、黒豆、そして伊達巻きを作りました。
今まで簡単なお雑煮や黒豆は作ったことがあったのですが、伊達巻きは初挑戦。

日本に住んでいた時は、毎年、お正月に実家へ行って、母が作ってくれたおせち料理を食べていたので、恥ずかしながら今まで本格的なおせち料理を作ったことがありません。
子供たちは、黒豆を食べた記憶はあるけれど、他のおせちはほとんど覚えていないそうです。

実は”巻きす”の使い方がイマイチで太巻きを上手く巻けたことがない私。
年末に母にスカイプして教えてもらいました。
カメラの前で”巻きす”とタオルを持って一生懸命に説明してくれた母のおかげで、初めて上手く巻くことができました。

しかし、肝心の伊達巻きの味がどうも・・・分量を間違えたのか、塩っぱい伊達巻きになってしまい、母の伊達巻きとはほど遠いモノになってしまいました。
見た目は立派な伊達巻きなのに、食べると不味くて、子供たちには食べさせられませんでした。
記念に写真も撮ったけれど、皆さんにお見せするのはやめました。

子供たちには、お餅のたくさん入ったお雑煮と、美味しくできた黒豆でお正月気分を少しだけ味わってもらうことにしました。
息子も娘も、おせち料理よりも海苔を巻いたお餅を砂糖醤油で食べる方が好きみたいですけどね。

来年こそは、美味しい伊達巻きを作ろうと思います。


| BLOG TOP |
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

zoe

Author:zoe

夫、ふたりの子供たちと南カリフォルニアに暮らすMommyが、わが家について色々とおしゃべりしています。

カリフォルニアの時刻

amazon.co.jp

SweetHeart

isweetheart.gif

グローバルな育児、教育情報が満載。日本の常識に縛られない自由な発想の子育てを目指す国際派子育てネットワーク。
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
CopyRight 2006 Banana Pancakes All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。