ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2011年07月の記事一覧
≪06month
This 2011.07 Month All
08month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さようなら BORDERS 
2011.07.28.Thu / 21:22 
大型書店の BORDERS(ボーダーズ)の閉店セールに行ってきました。

250px-Borders_store_closing_Pittsfield_Township_Michigan.jpg
by wikipedia

地元のお店はすでに閉店したので、少し足を伸ばしてMission Vally
(ミッションバリー)まで・・・

閉店日が近づくにつれ、本やDVD、ゲームなどがどんどん割引きされ、
しまいには、本棚も商品展示用のラックもセール品として売られ始めます。

予想どおり店内は人でいっぱい!
子供向けの人気のあるシリーズ本は、すぐに売り切れてしまうし、
閉店することが決まった時点で入荷しなくなってしまうので、
セール前から在庫切れだったりで、あまり期待はしていなかったけれど、
前から買おうかどうしようか迷っていた本や、今まで気づかなかった
面白い本を見つけることができました。

息子は欲しかった本があったので、プレゼントにもらった
ギフトカードも使いきることができました。

洋服のようにサイズ探しや試着、ダメージがないかしっかり確認する
必要がなく(ページをパラパラめくって確認はしますが・・・)
本はほとんど子供向けしか買わないので、セールの苦手な私でも、
本屋さんのセールだけは子連れで行って楽しめました。

それにしても、閉店はとても残念です。
ネットで本を買ったり、電子書籍を読むようになっても、
本屋さんに行くことは、我が家の楽しみのひとつなのです。
アメリカの本屋さんは、店内でカウチやイスに座ってコーヒーを飲みながら
ゆっくり試し読みすることができるので、暑い夏や寒い冬に本屋さんで
時間を過ごす人も多いほど。

娘がプリスクールに通い始める前は、週1回の幼児向けの読み聞かせや
夕方の子供向けのイベントに行ったりして、引っ越してすぐに一緒に遊ぶ
友達がいなかった私たちには有り難いことでした。

追記:
後日、お知らせとして、eメールが送られてきました。
BORDERS にメンバー登録している顧客やネット販売は、
Burns and Noble(バーンズ&ノーブル)という、もう一つの大型書店が
引き継ぐようです。

ウエブサイトも Burns and Noble にリンクされていますが、
唯一、メディアのウエブサイトが残っています。
http://www.bordersmedia.com/


スポンサーサイト
National History Museum (theNAT) 
2011.07.27.Wed / 20:10 
今週、夏休み2回目のスイムキャンプが始まりました。
毎日泳いでいるので、二人ともかなり上達しましたよ。

今回のコーチもお姉さん。
ハキハキしていて、今までのコーチの中で教え方が一番丁寧で、
きちんと基本を教えてくれる感じです。

スイムキャンプの後、家でランチを食べてから
Balboa Park(バルボアパーク)内の自然史博物館に行きました。

今回は特別展示を楽しみにしていたのでさっそくその会場へ。

特別展示物は、コレ!



Gems & Minerals(宝石と鉱石)です。

って、コレは巨大ポスターですが・・・
このように実際に発見された時に人が入っている写真が
壁に貼ってありました。
オレンジ色の作業スーツを来ている人たちが見えますか?

原石もたくさん展示してありますが、
宝石で作ったアクセサリーやアート作品などもガラスケースに
ずらりと並べられていて、キラキラ眩しいです。


カリフォルニアで採れた金。



最初は乗り気ではなかった息子が、なぜか誕生石に興味をもち、
片っ端から写真を撮り始めました。



岩に入った状態の原石と模型洞窟の展示もあって
子供たちは興味深々。
当時、実際にカリフォルニアで採掘した人たちや
歴史についても知ることができます。


Elements (元素)にも興味のある息子は、
鉱物(宝石)類の元素の組み合わせをチェック。

娘が学校の授業で誕生石がサファイアだと知って、実際に見てみたい!
と言ったので、私のサファイアのピアスを見せてあげたら、ものすごく
小さい石に、な~んだっ とガッカリしていたので(悪かったね!)
巨大サファイアを見ることができて満足したようです。

the NAT の展示物のハイライトビデオ→コチラ


結婚記念日 '11 
2011.07.24.Sun / 21:08 
12年目の結婚記念日だった今週末は、連日ビーチへ。
子供たちも一緒です。

日本に住んでいた頃は、母や夫の会社の人にベビーシッターを
お願いしたり、アメリカに住むようになってからは、
この時期は日本にいるので、友達のお母さんにお願いして
夫と二人で食事に行っていたけれど、今年は家族でお祝い。

土曜日は Pacific Beach へ。
夫の友達と待ち合わせをして、ビーチで一緒にのんびり過ごしました。

日曜日は Cardiff Beach へ。
私が初めて夫にサーフィンを教えてもらった場所なのですが、
友達に聞くと、ここは上級者向けの場所だとか・・・やっぱりね。
岩がゴツゴツしていて怖かったので、ボードに捕まっているだけでした。

急な階段を降りていき、岩の周りを少し歩きながら、
Tide pool(岩場の潮溜まり)で生き物観察をしました。

I


真下から見ると、かなり迫力ありますね。


岩に打ち寄せる波の音が大きいので、ちょっと怖い・・・

ビーチには、子供たちと何度も来たことがあるのですが、
12年ぶりに結婚式を挙げた公園へ来てみました。
もちろん、子供たちは初めて。



何にもない公園ですが、ここに会場を作ってもらい
夕日をバックに式を挙げたのです。



だから、夕日に向かっている参加者のほとんどがサングラス着用。
日本から来た友達に笑われてしまいました。
日本の結婚式でサングラスは、あり得ないでしょう?

式の最中には、地元のサーファーたちが海に入るために
ボードを持ってウロウロしていたりして、夫らしい結婚式だと
言われました。

結婚記念日を一緒に過ごした翌日、つまり明日は、久しぶりに
夫は日本へ出張です。



Sea World Summer '11 
2011.07.21.Thu / 21:08 
夏休みで混んでいることを覚悟して Sea World に行きました。

やはり混んでいました

最初に、なるべく列の短いアトラクションを選んで、初めてサーカス
を見ることに。

Cirque de la Mer



最初に登場したクラウンのふたりが、子供たちを笑わせてくれました。
パフォーマンスが始まっても、ずっと彼らのことが気になる子供たち。


緑のクラウンがボケ、青のクラウンがツッコミ。

アクロバットの演技も楽しめましたが、子供たちには、
このクラウンたちのお笑い演技の方が良かったようです。

観客の中から連れ出された男の人が、どうなるのか心配していた
娘でしたが、どうやら彼は、事前に打ち合わせ済みの人じゃないか
と疑う私。
(後で確認してみたら、どうやらそんな感じでした・・・)

お次は、ここに来ると必ず行く Wild Arctic(北極ツアーのアトラクション)と
ペンギンコーナーへ行きました。

映像に合わせて、ヘリコプターで北極へ飛ぶアトラクション、
私はグラグラ揺れる座席に座っていると、必ず酔って気持ちが悪くなって
しまうので、この日は、息子に娘を託して子供たちだけで乗ってもらいました。
同じ映画をベンチに座って観ることができる別の部屋で時間を合わせながら
屋内で待ちました。

アトラクションの後は、北極グマにご挨拶。


今日は、目の前の洞窟の中でお昼寝をしていました。


いつもはこんな感じで、頭だけがちょこっと見えるだけなのに、


反対側からは、全身を見ることができましたよ。

ベルーガ(白イルカ)の赤ちゃんが生まれたそうです。
2頭いました。


ベルーガの赤ちゃんの色はグレーで、大きくなるにつれて
白くなるそうです。

それから、新しく仲間入りした海亀も見ました。

子供たちは、ハワイのノースショアの海で自由に泳ぐ海亀の姿を見ているので、
狭い敷地の中にいる海亀を見て、何だか可愛そう・・・と思ったようです。

水族館にいる他の生き物もみな、同じですけどね。

帰りは日本食スーパー内のラーメン屋さんで夕食を食べて帰りました。



鳥の卵 
2011.07.20.Wed / 22:24 
娘が、裏庭で青い鳥の卵を発見しました。
地面に落ちていたそうです。

American Robin(コマツグミ)の卵はキレイな青だけれど、
これは斑点があるので、違う種類の鳥でしょうね。
どなたか鳥の卵に詳しい方がいたら教えてください。
ウズラの卵くらいの大きさです。


小さな穴が開いていて中身は空っぽでした。

この卵とは別に、我が家のオレンジの木に、いつの間にか
鳥の巣ができていて、その中に卵が3つ入っていました。
ある日、娘と友達が一つ地面に落ちているのを見つけて、
手で触ってしまったその卵を巣に戻したので、
親鳥たちが巣に寄り付かなくなり、卵3つとも孵らず。
残念・・・

鳥は、卵に人間の匂いがついていると警戒して
卵があっても巣から離れてしまうと聞きました。
今度からは、卵には触らないようにしましょうね。


ミーティング中? 
2011.07.17.Sun / 22:04 
子供たちの Workshop(プレイルーム)を片付けようと部屋に入ると
こんなものが目に入りました。

みんなでキレイな輪になって何やってるんだ?



何だか面白かったので、思わず一人を外へ出して
”ハンカチ落としゲーム”のようにしておきました。


息子のキャラクターレゴで遊んでいた娘の仕業です。

実は、娘は”ハンカチ落としゲーム”を知りませんでした。
そういえば、日本にいる時にゲームをする機会がなかったですね。

娘は、ただ丸い容器の周りにキャラレゴを並べて遊んでいて
その容器を片付けようと私が動かしたら、こういう風になっていた
というわけです。

それにしても、たくさん集まったなーキャラレゴ・・・


Summer Book Club 2011 
2011.07.16.Sat / 10:02 
娘のクラスメイトの男の子のお母さんが、夏休み中に
リーディングレベルが同じくらいの友達を集めてブッククラブを
することになったので、娘も参加することにしました。

ブッククラブとは、本を一冊選んで、それぞれ読んだ感想や
内容について話し合ったりするクラブです。
子供のブッククラブはもちろん、大人のブッククラブもあって
だいたい月に一回、誰かの家やどこかに集まって、お茶を飲みながら
みんなで話をするようです。

今回、男の子だけでは遊んでしまうので、女の子も何人か誘って
本をきちんと読んで参加できるメンバーをお母さんと息子さんが
話し合って決めたそうです。
娘も一緒に選んでくれてありがとう!

I
初日は、ブッククラブに名前をつけて、本を入れるバッグの飾り付け。
このバックと一冊目の本とポケット辞書、語彙などを書き留める
ノートとペンをメンバー全員にプレゼントしてくれました。

娘たちのブッククラブでは、選んだ本を一緒に読んだり、
自分でそれぞれ家で読んできて、感想や内容について話をしたり、
本の主人公にちなんだクラフトをやったり。
公園にスナックを持って行ったりもしていましたよ。

1冊目は、主催したお母さんと息子さんのチョイス。
2冊目は、みんなで本屋さんへ行き、どんな本が良いか調べて、
話し合って決めたようです。
週に一回ですが、選ぶ本は本人たちのレベルより少し高めなので、
読むのに時間がかかるため、2週間に一冊のペースで読んでいます。

ブッククラブの後は、おやつを食べたり、少しだけみんなで遊んでいるようです。
娘は毎週、この日を楽しみにしています。


Music Class 
2011.07.14.Thu / 13:03 
5年生から始まるバンド演奏の楽器をレンタル契約したら、
夏休み中に楽器の演奏を教えてもらえる無料レッスンを
受けることができました。

息子が選んだ楽器は、アルト・サックス。
週に2回、4週間の30分間のレッスンです。
先生が基礎から教えてくれるのですが、息子はピアノを弾くので
音符はすでに読めるため、楽器の扱い方と演奏の仕方を覚えるために
参加しました。



本店の楽器屋さんは生徒の人数が多いそうですが、こちらは
支店なので、生徒は3~4人と少人数。
先生がとても気さくな人で、毎回レッスンを見学させてくれました。
専門の楽器はドラムなのだそうです。

初めて吹くアルト・サックスですが、毎日、家でも練習するうちに
キレイな音が出るようになりました。
最初は聞いてて、こちらの顔が歪むほどだったのにねっ。
ご近所さんたちも、ご協力ありがとうございます!



Camp at Morro Bay Part 4 
2011.07.12.Tue / 23:05 
楽しかったキャンプを終えて、荷物をトラックに積んだら
街を出発する前に近くのレストランでランチ。

オーガニック食品を使った料理を出すお店でした。
店内で売っている商品も全てナチュラル素材。



店内が狭いので、外のテーブルで食事。
ごらんの通り、かなり寒い!
隣りにいるお客さんたちはTシャツですが・・・

IMG_9824.jpg

娘はブランケットを被ったまま食べています。
普段は暑がりなのに、さすがに冷えたよう。

ふたたび約6時間のドライブ・・・途中かなり渋滞していました。

帰りは、夫がいつも仕事で来る Irvine(アルバイン)にある
日本食レストラン "mizuki" (みずき)で早めの夕食。
日本人スタッフと一緒によく食べに来るのだそうです。

I
ラーメンとお寿司を食べる息子は、ずっとニコニコ。

初めてのキャンプは、とっても楽しかったです。
キャンプ場の施設も想像していたよりも良かったし。
子供たちも、それぞれ一緒に遊べる友達がいたので(特に息子たち)
飽きることなく過ごせました。
テントを立てる手伝いもしたしね。

来年も行くとしたら、何を準備して持って行けばよいかわかったので、
もっともっと快適にできそう。
例えば食事のことなら、いつでも飲めるようにコーヒー豆と道具一式、
お米と鍋を持参して温かいご飯とインスタントのお味噌汁があるといいかも。



Camp at Morro Bay Part 3 
2011.07.12.Tue / 22:54 
ここはサンディエゴに比べて気温が低く、曇っていると日中でも
寒いくらい。

子供たちは、いとこたちが持ってきたカヤックに乗りました。

最初に夫と娘が乗りました。



いってらっしゃ~い!



ずっと遠くまで行って、カヤックから降りて砂浜で遊んでいたそうです。
かなり待たされました。



待ちくたびれた上に肌寒いので、暖かいアスファルトに寝転びながら
ひたすら待つ子供たち。
私もかなりヒマでした。

IMG_9785.jpg
地面の上にモグラが顔を出していたのでパチリ。

目の前にコーヒーショップがあったのですが、時間がわからなかったので
入らなかったけれど、これならコーヒー5杯くらい飲めたかも・・・

I
やっと息子の番。

再び、夫が息子と一緒にカヤックで出発した時は、
さすがに遠くへは行かなかったようです。

この日のランチは、みんなで街のレストランで食事。

食後に立ち上がった瞬間、一羽のかもめが待ってました!
とばかりに残りものを食べようとサラダの皿に!



夜は、かなり冷え込むので日が暮れ始めるとスノージャケットを来て、
キャンプファイアーで暖をとります。



夕食後のデザートは、焼いたマシュマロを板チョコと一緒に
グラハムクラッカーで挟んだ ”s'more"(スモア)を食べました。



コレ、毎晩食べましたよ。かなり甘いのでコーヒーが飲みたくなります。

夫たちは、お酒を飲みながら夜遅くまで起きていたけれど、
私は寒さと眠いのとで、早めにテントに入って寝ました。
子供たち、朝が早いし・・・



Camp at Morro Bay Part 2 
2011.07.12.Tue / 22:53 
キャンプ中に、たまたま地元のイベントがあったので参加してきました。

湾に沿った高台にある小さな博物館で、地元の人たちが衣装を身につけて
楽器を演奏したり、糸を紡いだりするところを見せてくれました。








息子もいとこの男の子と一緒にゲームに参加。

飛び入りで、パイ・コンテストの審判の一人になった夫は、
すっかりその気。やる気満々!
エントリーされたパイを順番に食べて、どれが一番美味しいかを決めました。
色々な違う種類のパイで、どれも美味しかったのでかなり迷ったそう。
・・・とか何とか言いながら、ガンガン食べていましたねー


審判は地元のおじさんと夫だけ。本当はこのおじさんが一人だったらしく、
夫が参加することになって、最初は「え?こいつ誰?」って感じでしたね。


クランベリーパイ、ポテトパイ、パンプキンパイ・・・
全部種類の違うパイです。



コンテストが終わったら、観客もパイを試食させてもらうことができました。
本当にどれも美味しかった!


これが優勝した
”クランベリーwith カスタードクリーム&メレンゲ・パイ”

娘は刺繍を教えてくれる女性の隣にすわって、ずっと刺繍をやっていました。
パイ・コンテスト終了後にわかったのですが、実は、この女性の作ったパイが
優勝したのですよ。



そうとうハマったのか、珍しく全くパイには興味を示さず、
黙々とチクチクしていました。


完成できなかったので、刺繍糸を余分にもらって
家に帰って続きをすることにしました。


こちらの女性はキルトを作っていました。


Camping @ Morro Bay 
2011.07.12.Tue / 10:06 
夫のいとこ家族と一緒に Moro Bay(モロ・ベイ)にキャンプに
行ってきました。
昨年はキャンピングカーでキャンプだったけれど、今年はテントです!
昨年のキャンプ



約6時間(たぶんもっと長かったと思う。)のドライブの途中で
ランチを食べたり、休憩しながら出発したので、現地に到着して
テントを組み立てたら夕方。



交代で食事を作ることになっていたので、この日は、いとこたちが
作ってくれた夕食を食べました。

日が暮れると涼しい屋外が冷え込むので、すぐに火を焚いて暖をとりました。
子供たちは持ってきた自転車でキャンプ場内をいとこの子供たちと一緒に
走り回ったり、テント内で遊んだりして楽しい初日を過ごしました。

夜、子供たちが眠ったかどうか確認しにテントに入ってみると・・・



寝袋に入った子供たち、スヤスヤと寝息を立てていました。
まるでイモムシのよう。
寝袋の下にはエアマットレスが敷いてあるので寝心地は
悪くないですよ。



Julian Mining Company Tour 
2011.07.06.Wed / 22:06 
Julian(ジュリアン)にある Mining Company(マイニング・カンパニー)
というゴールドラッシュ時代の学習と体験のできる場所へお友達と行きました。

現地集合だったので、早めに行ってレストランでランチを食べました。
ジュリアンは、どのお店も雰囲気が良くて、時間があればゆっくり色々と
見たいくらい。
アップルパイのお店に寄ってデザートも買いました。

ツアーの初めは砂の中にある金を探します。


お皿を使って砂の中にある小さな金を見つける方法を教えてもらいました。
小さなガラスの瓶をもらい、その中に見つけた金を入れていきます。


コツがあるみたいだけれど、なかなか金は見つかりません・・・


かなり根気のいる作業です。

夫がいくつかの小さいな金を見つけていました。
紛らわしい石もたくさん入っているのですが、
やはり金は他と違ってピカピカのゴールドです。

最後は、バケツに入った土を入れてその中から紫水晶やクリスタル、
磨いた石などを見つける作業をしました。
これはあらかじめ、石をたくさん土の中に入れてくれてあるので
簡単に見つけることができましよ。

他にも斧を藁のブロックに投げるゲームや化石探しもしました。


ここでは、サメの歯や石がたくさん見つかりました。

この日に見つけたものは、全てお土産に持って帰ることができます。
石の大好きな娘は大喜び!また石のコレクションが増えました。



ランチの後で雨がふりだし、現地についた頃には雷も鳴っていましたが、
涼しくて気持ち良かったです。
後半には雨がやみ、太陽が出てきて暑くなってきました。
ツアーが終わっても、子供たちはお友達と一緒に閉館時間まで
敷地内で遊んでいました。



Forth of July 2011 
2011.07.04.Mon / 22:05 
アメリカ独立記念日に地元の高校のフットボール・フィールドで
花火をあげるので、今年は見に行こうと思っていたのですが、
高校の近所に住む友達が家の裏庭から見えるからおいでよ!
と誘ってくれたので一緒に見ることにしました。



期待した以上に派手に花火があがっていましたよ。

Happy July 4th!


Summer Day Camp 2011 
2011.07.01.Fri / 10:02 
今年も、Summer Day Camp(サマー・デイ・キャンプ)に参加しました。




年齢別にグループに分かれますが、毎日同じ場所で同じアクティビティー
をするので、息子と娘は同じキャンプに参加しました。
一日だけ遠足で、Padres の野球ゲームを観にスクールバスに乗って行きました。

息子は仲良しの友達と同じグループで楽しかったようですが、コーディネーターの
言うことをなかなか聞かない中学生(親に参加させられたのかな?)がいて
少しウザかった?ようです。
確かに、中学生にはもう物足りないキャンプかもしれません。
来年は、息子には別のサマーキャンプを探した方が良さそうです。

私の子供の時の夏休みに比べると、色々なサマーキャンプが
充実しているアメリカの子供たちの夏休みは贅沢ですね。
もちろん、学校の夏休みの宿題などありませんよ。

でも、カリフォルニア州のサマーキャンプはどれも値段が高い!
友達に聞くと、他の州なら半分の予算で参加できるとか・・・
息子の友達と一緒に3週間(通い)のサマーキャンプに参加しないかと
誘われたけれど、夫と話し合った結果、3週間とその費用で
家族で何かした方がいいということでやめました。

ちなみに、アメリカの一部の学校にも日本のような
サマースクール(夏期講習)があって、学校の授業の補修が必要な
子供たちが通っています。
学校の先生の中には夏休み中にアルバイトでグループレッスンや
個人レッスンをする人もいます。
受験勉強をするわけではないので、参加するのは親子しだいで、
内容ももっとリラックスした感じのようですけど・・・


| BLOG TOP |
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

zoe

Author:zoe

夫、ふたりの子供たちと南カリフォルニアに暮らすMommyが、わが家について色々とおしゃべりしています。

カリフォルニアの時刻

amazon.co.jp

SweetHeart

isweetheart.gif

グローバルな育児、教育情報が満載。日本の常識に縛られない自由な発想の子育てを目指す国際派子育てネットワーク。
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
CopyRight 2006 Banana Pancakes All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。