ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2008年11月の記事一覧
≪10month
This 2008.11 Month All
12month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Glass Art 
2008.11.23.Sun / 21:15 
芸術の秋だからというわけではないけれど、
絵を描いたり、何かを作ることが大好きな娘は、
子供用のキットで Glass Art (グラスアート)に
初めての挑戦。
これは、窓や花瓶のようなグラス製品にくっつける
スティッカーのようなものを作るキット。



色々なデザインの中から大好きな蝶を選んだので、
私が黒いペイントで付属のお手本ブックをなぞって
アウトラインを描いてあげて、後は、自分で自由に
好きな色で色づけしていました。



グラス以外にも、陶器やプラスチックにもつけられるので、
写真たてやパーティーに使うコップやお皿にも飾りと
して使えます。



グラスアート用ペイントや材料は、クラフトショップで
たくさん売られていて、本格的な道具もあるけれど、
一度も使ったことがなかったので、こういうキットは、
初めて挑戦するにはやっぱり便利。

Window Clings And Other Things: Window Clings And Other Things (Glass Art) (Paperback)by Angela Im (Editor)

今度は何にしようかね・・・



++今日もポチッとお願いします++
    
    
スポンサーサイト
My Ancestors 完成! 
2008.11.20.Thu / 21:50 
先週の息子の学校の宿題だった My Ancestors について
のレポートを親子で約1週間かけて仕上げました。

資料集めと Clothespin Doll を作る手伝いは私。
息子が学校の図書館で借りてきたドイツの本から
いくつか書き出し、私がネットで調べたドイツの
色々な情報を合わせてまとめ、ご先祖様がいつドイツから
どうやってアメリカへ渡って来たかを親戚にインタビューして、
それらの資料を元に息子が書いた下書きを夫がチェック、
最後の仕上げを息子がひとりでやりました。

最初はなかなかエンジンのかからなかった息子は、
レポートが形になってくるにつれ勢いが増し、
仕上げの段階ではレポート用紙が足りなくなるほど。
面白くなってきたのか、もっと色々調べて書きたい!
とまで言っていました。

歴史が浅いとはいえ、ドイツの何処からアメリカの何処へ
何年に渡ってきて、その当時どこに住んでいたとか、
息子のお祖父ちゃんのそのまたお祖父ちゃんたちのことを、
子や孫へきちんと伝えられていることに感心しました。

人形の衣装は、ドイツの少年たちが着る
伝統的なパンツ、Lederhosen (レイダーホーゼン)です。
髪の毛の代わりに、靴に合わせた帽子にしてみました。



夫が幼い頃に着てた、祖父からもらった Lederhosen も
学校に持って行かせたかったのですが、
あいにく見つかりませんでした。

Clothespin Doll は、作品が小さくて細かい
ということもあり、やはり息子には難しく、
ほとんど私が作ったようなもの。
でも、シャツの色や素材選び、糊づけや顔を描くのは
息子がしっかりやりましたよ。

提出日当日はクラスでそれぞれが書いたレポートを
発表しあったそうです。
教室の壁に人形が展示してありましたけど、
ほとんどがヨーロッパで、北欧と中国がひとりだけ。
そして日本はひとりもナシ。



もしかしたら、先生は日本を期待していたかも
しれないけれど、次回、何か機会があったら
今度こそ日本にしたいと思います。



++今日もポチッとお願いします++
    
    
寝坊! 
2008.11.19.Wed / 13:14 
やってしまいました

年ぶりかの大胆な朝寝坊。
朝の7時20分には家をでなくてはいけないのに、
起きたのが7時。
息子はすでに目が覚めていたらしい(起こせよ)けど、
娘はまだ眠っていたらしく、寝ぼけ眼で、いま何時?

シリアルも食べる時間がなかったので、
朝食はバナナ1本。
学校で食べる午前中のスナックを多めにしてあげました。
幸いなことに、ランチは前夜のうちに用意してあったので、
ランチバックにそのまま入れるだけ。

朝寝坊の原因は、アラームのセットし忘れ。
普段は、私の携帯電話のアラームと
夫の腕時計のアラームがあるので、必ずどちらかが
目を覚ますのですが、昨日は夫が留守だったので、
7時まで爆睡してました。

こんな差し迫った時でも、化粧は忘れない私。
子供たちがバナナを食べている間にせっせと化粧・・・
子供たちにも日焼け止めをしっかり塗って、
何事もなかったように近所の子供たちと一緒に歩いて
いつもの時間に学校に着きました。

午前中に息子のクラスでは、サンクスギビングのお祝い
があって、スナックタイムに色々と食べていたし、
娘のクラスでは、クラスメイトの子のお誕生日で
カップケーキを食べたみたいなので、空腹に耐える
時間はそれほどなかったようです。
でも、お腹空いてつらかったって言ってたけど・・・

ボランティアや息子のクラスに行くために、午前中ずっと
学校にいた私は、コーヒー1杯とグラノラバー1本で
ランチまで耐えました。

フー


++今日もポチッとお願いします++
    
    
火事のニュース 
2008.11.16.Sun / 21:10 
この週末は、とても乾燥した暑い日でした。
再び Santa Ana (サンタ・アナ)。
息子は、金曜日の夜、微熱を出して元気が
なかったので心配しましたけど、
おかげ様で翌日には元気になりました。
もっとマメに水分と摂らないとね!

金曜日の夜、パソコンを開くと、いきなり火事のニュースが
飛び込んできて驚いて記事を読んでみると、
サンタバーバラ(LAの北の方)で発生してるとのこと。

翌朝から今日まで引きつづき NPRニュース で報道されていて、
今日は、また別の場所でも火事があったと聞きました。
早くおさまって、避難した住民が無事に帰宅できるよう願うと共に、
今のところサンディエゴは無事のようですが、
どうかこのままま静かに Santa Ana (サンタ・アナ)が
おさまってくれますように・・・



++今日もポチッとお願いします++
    
    
裏庭でキャンプ♪ 
2008.11.13.Thu / 10:05 
まだ暑い日が続いていた先月の週末に、
夫が荷物の中からテントを出してきて、

今夜はテントで寝るぞー!

暑いとはいえ、夜はかなり冷え込むようになってたので、
心配しましたけど、日本の真冬の寒さでも大丈夫!
な寝袋も用意して、さっそく夜テントへ・・・

子供たちは大喜びで、しばらくおしゃべりしていたものの、
あっという間にぐっすり眠ってしまいました。



付き合っていた私たちも早めに寝袋に入って寝ることに。
って、まだ9時なんですけど

眠れるように本を持ち込んでみたものの、
せっかくだからと、夜空の美しい星を眺めていました。
そのうちウトウト・・・と思ったら、

眠れない・・・・

寝袋は温かいし、エアベッド(私たちだけ特別!)も敷いて、
寝心地はバツグンだったはずなのに、目が慣れてくるにつれ、
周りがやけに明るく感じられ、おまけに首から下は温かいけど、
顔が冷たい・・・

夜中の1時くらいまでがんばってみたけど、これ以上はムリだと
感じたので、私だけ家の中に戻り、温かい部屋のベッドで
ぐっすり朝まで眠りました。

翌朝、テントの中で子供たちが楽しそうにおしゃべりしている声が
外から聞こえて目が覚めました。
母(私)の不在はすでに夫が子供たちに説明済み

太陽が出てきて、だんだん温室状態になってきた
テントの中で遊ぶ子供たち。



こういうの子供の頃やってみたくて、テントの代わりに
傘をたくさん並べて遊んでたことあるなー

実は、このキャンプ用テントと寝袋は災害時避難用のために
日本で購入してあった、まだ新品同様のもの。
今年は引越しもあって、キャンプはしなかったけど、
来年の夏には、この一式を持ってキャンプに行く予定です。

今度こそ眠れるかな・・・



++今日もポチッとお願いします++
    
    
My Ancestors 
2008.11.10.Mon / 11:05 
毎年、11月は Thanksgiving について学校で学ぶ息子たち。
学校から、My Ancesters (私の祖先たち)について調べ、
それについてのレポートを書き、Clothespin Doll
(昔の人が作った洗濯バサミを使った人形)も作ってみる
という宿題を持って帰ってきました。

ヨーロッパ、日本と色々なお国のご先祖様を持つ
息子が選んだ国は、Germany (ドイツ)
自分の名字のルーツから選んだようです。
図書館で”GERMANY”の本も借りてきて、
さっそく読んでいました。

家に帰ってから、日本とどっちにしようかと
迷っていたけれど、ファミリーの中で日本から
移住して来たのは私たちだけ。しかもたった1年ほど前。
日本については、他の機会にしましょう。

どの国もそうですけど、ドイツの歴史についてとなると、
ものすごく重たい内容になってしまうので、
この年齢にはちょっと・・・と思いましたけど、
やはり、そこまで深くする必要はなく、使われている言語、
伝統や風習、服装、祭日、食べ物、遊び、文化遺産や
ファミリーがどのようにしてアメリカへ移住して来たのかを
地図つきで書くようです。

ドイツといえば、美味しいビールとソーセージでしょう!

と私が言うと、

それを書くのは、大学生になってからでしょう・・・

と夫に笑われてしまいました。



++今日もポチッとお願いします++
    
    
ハロウィン・パーティー 
2008.11.08.Sat / 21:45 
学校では、ハロウィンの数日前に各クラスごとに、
息子たちは午前中の1時間だけ、娘たちはほぼ半日、
ハロウィン・パーティーがありました。



ハロウィンにちなんだお菓子をデコレーションしたり、
アートクラフトをしてパーティーを楽しんでいました。

煙の出る魔法のアップルジュース!
 border=
実はドライアイスが中に入ってます。


手袋にキャンディーとポップコーンを詰めたもの。

この日は、キンダーの子供たちだけが
コスチュームを着て校内をパレード。
授業中の他のクラスをまわりご挨拶。

その後、教室に戻ってパーティー


ジョーズ君、なかなかいい味出してるでしょ

キンダーでは、ひと通り教室でアクティビティーをしたら、
これまたBobbing for Apples (リンゴをくわえる採るゲーム)。



お手本を見せてくれたお母さん、バケツに思いっきり
顔をツッコンで見事にリンゴを採りました


写真撮って!って、しつこい娘

やっぱりキンダーの子供たちのコスチューム姿は、
みんな、とっても可愛いかったです

イベントで、けっこう見かけた手作りコスチューム
(マックのフライドポテトとか・・・)は、
感心するほど良くできていて面白かったです。
上級生になるほど、自分でアイディアを出して、
親に手伝ってもらって作るみたいです。
この子も個性的でした。


ランドリー・バスケット(洗濯物カゴ)君!

来年は、私たちも手作りコスチュームに挑戦してみようかな・・・

前日には、家で夫と子供たちがJack-o-lanternを作り、
夜、キャンドルをつけて玄関の前に飾りました。
写真がないので、昨年のを代わりに見てみて
ください→わが家のJack-o-lantern(s)


++今日もポチッとお願いします++
    
    
ハロウィン・イベント 
2008.11.07.Fri / 11:10 
先月、毎年行われているらしいPTA主催のイベントのひとつ、
ハロウィン・イベントが学校でありました。

夕方から始まるこのイベントには、子供たちはそれぞれ
ハロウィン・コスチュームを着て参加します。
わが家の子供たちは、衣装は違えど去年とほとんど同じ。


息子がパイレーツで、娘がティンカーベル。

事前に、各クラスごとにメールやevite(招待状)などが
頻繁に送られてきて、イベントで必要とするお菓子や
飲み物などの寄付と当日に出されるブースを担当する
ボランティアを募っていたので、どんなイベントになるのかな?
と思っていたら、想像していたよりも、かなり盛大でした。



事前に購入したおいたチケットを各ブースで渡して、
好きな食べ物を食べたりやゲームができるシステム。



娘は、会場の奥にある椰子の木に登ってみたいと、
娘より衣装を心配する母を無視して、おサルのように木登り。



かなり高いので、てっぺんのボタンを押す所までは
ムリだったけど、頑張っていました。

お次は、COW MILKING CONTEST(牛乳搾りコンテスト)
これまた衣装を心配する母を無視して参加。




乳搾りする姿は、まさに農家のオバチャンそのもの。

仕掛けはこんな感じ。

ホンモノのミルクを使っていました。

対戦相手が上級生のお姉さんだったので、大丈夫か?
と思っていたけれど、なんと娘が勝ってしまいました!



しばらく何をするでもなく、独りでただウロウロしている
息子を無理やり誘ってゲームに参加。



こちらは派手なアトラクションに参加した娘とは対照的に
ゲームばかり選択。



ここのブースに立つお姉さんたちはほとんど中学生。
子供たちと一緒に参加したい親たちの代わりに
ボランティアをしてくれたそうです。

暗くなってもまだまだイベントは続いていましたけど、
チケットも全部使い果たしたし、寒くなってきたので、
途中で帰ることにしました。



家に帰る途中、ご近所さんの家で子供向けの
ハロウィンパーティーをやっていたので、
挨拶だけでも・・・と行ってみたところ、
快く歓迎してくれたご主人たち。
子供たちは、しばらく遊ばせてもらいました。

Bobbing for Apples(リンゴを口でくわえて採るゲーム)


顔も髪も水浸し

久しぶりの夜遊び(まだ9時だけど)に大興奮の子供たち
でも、さすがに疲れたのか、帰宅後すぐに寝てしまいました。

楽しかったねー



++今日もポチッとお願いします++
    
    
投票日 
2008.11.04.Tue / 12:05 
大統領選挙投票日の今日はあいにくの雨。
(サンディエゴにとっては嬉しい雨なんだけど・・・)
近所だったけれど、混むといけないので
早めに行くために投票会場へ車で夫を送ってきました。
会場はなんと、誰かの家のガレージ!

え!ガレージが会場???

っとビックリする私。
選挙のために自宅のガレージを会場として提供する
ボランティアさんがいるんだとか。
中を見ると、ガレージ内にブースがいくつも並んでいて、
立派な投票場になっていました。
雨の早朝だったこともあり、いつのように何時間も並ぶことなく、
すぐに投票を終え、帰りは歩いて帰ってきました。

自宅の前庭に支持する候補者のプレートを置いたり、
車にスティッカーを張ったりと、自分の意見をアピールする
人が多いアメリカ。
もちろん、主張を控える人も多いですよ。
うちの近所でも、お隣さん同士で違う候補者の名前を
並べていたり、ある法律に対して賛成、反対のプレートを
掲げていたりして、私にはちょっとハラハラするような
光景ですけど、主張したい人はする・・・ハッキリしています。

投票権のない私にとっても、重要な大統領選挙。
結果がとても気になります。



++今日もポチッとお願いします++
    
    

| BLOG TOP |
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

zoe

Author:zoe

夫、ふたりの子供たちと南カリフォルニアに暮らすMommyが、わが家について色々とおしゃべりしています。

カリフォルニアの時刻

amazon.co.jp

SweetHeart

isweetheart.gif

グローバルな育児、教育情報が満載。日本の常識に縛られない自由な発想の子育てを目指す国際派子育てネットワーク。
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
CopyRight 2006 Banana Pancakes All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。